中国銀行の企業研究が3分でよくわかるまとめ


岡山県を基盤とし、「ちゅうぎん」の愛称で親しまれる【中国銀行】を企業研究したい就活生向けに「会社概要」「特色」「企業紹介」「事業内容」「仕事内容」「トップメッセージ」「採用担当者メッセージ」「先輩行員の声」「求める人物像」「採用情報」などを以下にまとめています。

中国銀行の【会社概要】

名称:株式会社 中国銀行
前身銀行創立:明治11年12月9日
創立:昭和5年12月21日
本店所在地:岡山市北区丸の内1丁目15番20号
資本金:151億円
従業員数:3,074名(出向者105名を除く)
店舗数:本支店155(うち海外支店1・インターネット支店1)
出張所:7
事務所:5(東京、ニューヨーク、上海、シンガポール、バンコク)
店舗外現金自動設備:212か所(240台)
預金残高:6兆2,018億円
貸出金残高:4兆4,003億円
有価証券残高:2兆7,146億円

※出典:同行コーポレートサイト

中国銀行の【特色】

人材を「人財」に変える!

「銀行の財産は人材」との認識に立ち、変化を乗り越えるたくましい「人財」を養成する体系的で一貫した教育システムを導入しています。研修体系は行内研修、行外派遣研修、自己啓発支援と3つの柱で成り立っており、「研修にかかる費用は『経費』ではなく『投資』」との考えに基づき、積極的にカリキュラムの充実を図っています。特に行外派遣研修は、外部でしか習得できない高度な知識やスキルを学べる絶好の機会です。公募することにより、全行員に門戸を開き、毎年多くの行員を国内外の研修に派遣しています。

※出典:リクナビ2018

中国銀行の【企業紹介】

地域から愛される『ふるさとを持つ銀行』 “ちゅうぎん”

高い自己資本比率とトップクラスの外部格付が示す「高い健全性」。では、どのようなメリットがあるのでしょうか?第一に、お客さまが安心して取引をすることができます。お客さまニーズの多様化により、金融環境は現在進行形で変化しています。このような時代において、お客さまに「真の満足」をご提供するためには、まず“安心”をご提供することから始まると私たちは考えています。第二に、お客さまの資金ニーズに前向きに対応することができます。健全だからこそ、時代のニーズに即応することができると確信しています。私たちは「地域の未来の提案者」として、『ふるさと』がより豊かに発展していくためのお手伝いを積極的に行っていきます。

※出典:リクナビ2018

中国銀行の【事業内容】

普通銀行業務

※出典:リクナビ2018

中国銀行の【仕事内容】

<営業職>
■銀行業務全般
入行後は原則として営業店に配属され、預金、融資、為替、その他付随業務を担当した後、本人の適性や能力に応じ、本部あるいは営業店の業務を担当します。

<システムエンジニア職>
■システム関連業務全般
入行後は原則として営業店に配属され、預金、融資、為替、その他付随業務を担当し、銀行業務に対する理解を深めた後、システム関連部門へ配属となります。

※出典:マイナビ2018

みなさんにはこんな仕事をしていただきます
【営業職】
Gコース:銀行業務全般 主に法人営業、融資起案など
Eコース:銀行業務全般 主に個人営業(資産運用のご相談など)、預金、為替、融資事務など

【システムエンジニア職】
Gコース・Eコース:銀行内システム関連業務全般(社内SE)、中国銀行のシステム企画、開発、管理、運用、リスク管理など

※出典:リクナビ2018

中国銀行の【トップメッセージ】

「地域・お客さま・従業員と分かち合える豊かな未来を共創する」ことを目指します。

頭取の宮長 雅人でございます。
人口の減少や少子高齢化の進行などで地域の社会構造が変化する中、当行を取り巻く環境は一段と厳しさを増すことが想定されます。
こうした環境下、当行が地域のお客さまに選ばれ、ステークホルダーの方々から信頼され続ける為には、更なるサービスの向上にむけた構造改革を進めていく必要があると考えております。
そのため、2016年2月より1年をかけて今後の環境変化を分析するとともに、対応方針を多面的に検討し、期間10年の長期経営計画「Vision2027 未来共創プラン」を策定し、2017年4月にスタートさせました。

この長期経営計画では、「地域・お客さま・従業員と分かち合える豊かな未来の共創」を合言葉に取組みを進めていくこととしており、持続可能なビジネスモデルへの再構築を実践していくこととなります。
加えて、当行グループ役職員の行動の拠りどころである「ちゅうぎんの心」の実践を通じて、「未来共創プラン」の達成を目指して取組んでまいります。
これからも、中国銀行にご愛顧とご支援を賜りますようお願い申し上げます。

取締役頭取
宮長 雅人

※出典:同行コーポレートサイト

中国銀行の【採用担当者メッセージ】

人事部長からのメッセージ

中国銀行は設立から約85年、創立まで辿りますと約135年の歴史と伝統があり、地域のお客さまに『選ばれ』『信頼される』銀行を目指して、役職員一同、日々の業務に取組んでいます。
近年は、働き方改革の一環として、雇用の流動化が進んでいますが、一方で、未だ終身雇用の慣行が色濃く残っています。つまり、皆さまご自身が就職活動を通じて選択する企業とは、これから先、長い時間を共にすることとなります。それゆえ、就職先の選択においては、今までの人生の中で、もっとも大きな決断を求められることから、今後、考え悩み、葛藤することが多々あるかと思います。

そこで、皆さまに2つの提言をさせていただきます。

一つ目は、「将来のライフプランを描く」ということです。
自分のやりたい仕事(=キャリアプラン)に固執することなく、視野を広げ、これからの人生をどう生きるか(=ライフプラン)という観点を持ち、就職活動を行うことが大切です。家族をはじめ、皆さまの大切な人と将来どの地域で、どのような人生を歩んでいくのか。仕事だけでなく、「自分や家族の将来像」も真剣にイメージしてみてください。

二つ目は「失敗を恐れずチャレンジする」ということです。
学生生活というのは、社会に出る前の大事な準備期間であり、勉強の外、様々なことに挑戦する機会に溢れています。挑戦の際には、壁にぶつかり、失敗することも、数多くあるでしょう。しかし、大事なことは、困難に立ち向かい、その壁を乗り越えるために努力したことや苦労したことであり、その経験は、必ず皆さまのヒューマンスキルを高めるはずです。そうした、自身を高める努力は、就職活動において必ず役立つものとなりますので、ぜひ何事にも失敗を恐れず、積極果敢にチャレンジしてみてください。

最後になりますが、就職活動は、未だ見ぬ自分を発見する大きなチャンスです。ぜひ、自信を持って、前向きに、そして真剣に就職活動に取り組んでください。皆さまが就職活動を通して、今以上に成長され、その活動が十分納得いくものとなりますよう、心より祈念し、私からのメッセージといたします。

執行役員 人事部長
大原 浩之

※出典:同行採用サイト

中国銀行の【先輩行員の声】

私の学生時代

高校時代

幼い頃からの夢だった「甲子園出場」を目指し、野球に情熱を注ぐとともに、学業も疎かにせず、文武両道を心掛け過ごした実りある3年間でした。成果としては、2年生と3年生の夏に2年連続で甲子園出場を果たし、大学受験にも成功することができました。夢を実現できたことで、夢に向かって努力することの意義や苦楽を共にした仲間の存在の大きさなど、多くの気付きを得ることができました。この貴重な経験は、私の人生において大きな自信となり、かけがえのない財産となっています。

大学時代

大学時代に特に注力したことは、ゼミ活動とアルバイトです。ゼミ活動では社会保障制度をテーマに、昼夜を問わず、仲間と熱く議論を交わしたことは良き思い出です。
 また、社会経験を積むことを目的に、接客を大切にする飲食店を選び、週6日の頻度でアルバイトをして人間力を磨きました。厨房から接客まで全てを任されるようになり、後輩の教育や顧客応対等で難しさを感じることも多々ありましたが、この経験を経て、より相手の立場に立って物事を考える力が身に付いたと実感しています。

中国銀行を選んだ理由

多業界の「人」と出会える

銀行は様々な業界・業種、幅広い年代の方と関わりを持つことができるという点で、他の業界にはない魅力を感じていました。異なる価値観を持つ、十人十色の「人」との関わりを通じて、自身の考え方の幅を拡げ、物事を客観的に見ることのできる人材になりたいという思いが強くあり、その思いを叶えることのできるフィールドを探し求めた結果が銀行業界でした。実際に入行してみて、お客さまと関わる機会は多々あります。ただ、その出逢いをより良いものへとできるかどうかは自分次第です。一期一会を大切に、自らの成長に繋げていければと思っています。

地元に貢献したい

「生まれ育った故郷である地元に関わる仕事がしたい」という想いからUターン就職を考えた際に、中国銀行の「地域社会とともに発展する」という経営理念に共感し、生活に欠かせないお金を通じて地元企業の成長と地域の活性化に貢献できる点に一番の魅力を感じました。

現在の仕事内容

現在の担当は預金業務です。新しくお客さまの口座を開設したり、入出金伝票の処理を行ったりと主に窓口の後方で事務処理をしています。その他にもATMや両替機の取扱い、振込みのご案内なども行っています。どの業務においても言えることですが、不手際があればお客さまに迷惑を掛けるだけでなく、信頼低下に繋がります。特に、銀行は信用を商売にしており、お客さまの大切な資産を扱うことから、常に「正確・迅速・丁寧」を心掛け、日々、緊張感を持ち仕事に取組んでいます。

私のポリシー

質の高い仕事をする

私は「質を高める」ことを意識して仕事をしています。初めての銀行業務であり、スタートは皆同じです。また、銀行業務は多岐に亘るため、間違いなく成長できる環境にあります。ただし、他の人と同じことを漠然とやっていたのでは差異を生み出せません。「なぜ、このように処理するのか」、「なぜ、こうなるのか」という一歩先まで考えを巡らせることで疑問が生まれ、その疑問を自ら調べ、諸先輩方に教えていただくことにより、同じ仕事をするにしても質は高まります。常に考えながら仕事をすることが、一歩先の理解に繋がり、仕事の質を高めることに寄与すると感じています。

同じ失敗を繰り返さない

失敗をしないことが理想ですが、仕事をする上で失敗は必ずあります。私は、失敗をした後にどう考え、行動するかが大切だと思っています。「なぜ、失敗したのか」、「どうすれば失敗しなかったのか」を自分の中で納得がいくまで考え、同じ失敗を繰り返さないために努力することを心掛けています。ひとつの失敗を学びの機会と捉え、更なる成長への糧としていくことが、理想の行員への近道であると信じ、日々の業務にあたっています。

最後にひと言

就職活動は自分の歩んできた人生を表現し、第三者に評価していただける貴重な機会です。是非、他の人には無い自分だけの人生をじっくりと振り返ってみてください。
情熱を持って取組んだこと、努力の結果、成し遂げたこと等、必ず自分にしかない魅力的な点を見つけることができるはずです。ありきたりなことだからとか周りがどうこうは関係ありません。あなた自身がそのことに対してどういう想いを持ち、どのような姿勢で取組んできたのかが重要だと私は思います。

また、素晴らしい人生を歩んできたにも関わらず、いざ本番の就職活動でそれをうまく表現できないことは一番悔いが残ると思います。まずは、自分の人生に自信と誇りを持ってください。そして、本番では緊張するかもしれませんが、「自分をアピールする一度きりの『チャンス』に緊張するなんてもったいない」と考えるようにしてみてください。自分が納得して選んだ人生なら、苦しい時にも踏ん張ることができます。悔いのない活動をして、納得のいく選択をしてください。応援しています!!

真備支店
室山 隼斗 2014年入行

※出典:同行採用サイト

中国銀行の【求める人物像】

期待される人材像」は、各種人事制度の根幹となるものです。

1.常に問題意識を持ち、現状を改善するとともに、金融環境の変化にも前向きに対応していく。

2.自己および組織の持てる力を最大限発揮させる。

3.自らの能力向上に努めるとともに、人材の指導・育成を行い、仕事を通じて人が育つ職場づくりに貢献する。

4.地域の発展を願う心を持ち、お客さま第一主義に徹し、「心のサービス」を実践する。

5.愛行心と高い見識、コンプライアンス・モラルを持ち、人間味豊かで信頼される。

※出典:同行採用サイト

中国銀行の【採用情報】

【参考】株式会社中国銀行 採用ホームページ
http://www.chugin.co.jp/recruit/

【参考】リクナビ2018(株式会社中国銀行 採用情報)
https://job.rikunabi.com/2018/company/r677400002/
 

※上記は2017年11月現在の企業情報に基づいて整理されています。掲載以降の情報変化に対応できない可能性があることをご留意ください。

image byFreepikによるデザイン