紀陽銀行の企業研究が3分でよくわかるまとめ


和歌山県に本店を置き、大阪府でのシェア率も高い【紀陽銀行】を企業研究したい就活生向けに「会社概要」「特色」「企業紹介」「経営理念」「事業内容」「仕事内容」「トップメッセージ」「先輩行員の声」「求める人物像」「採用情報」などを以下にまとめています。

紀陽銀行の【会社概要】

創業 / 設立:1895(明治28)年5月2日
本社所在地1:本社(本店) 和歌山県和歌山市本町1-35
本社所在地2:紀陽堺ビル(営業推進本部) 大阪府堺市堺区市之町東1-1-10
代表者:取締役頭取 松岡 靖之
資本金:800億9,675万円
預金量:3兆9,679億円(2016年09月 譲渡性預金を含む)
従業員数:2,459名 ※出向者を除く (2016年09月現在)
子会社・関連会社(紀陽フィナンシャルグループとして):
■紀陽情報システム(株)
■紀陽ビジネスサービス(株)
■阪和信用保証(株)
■紀陽リースキャピタル(株) 他 全6社
事業所:本店/和歌山市本町、営業店/和歌山67店、大阪店40店、東京1店、奈良2店(合計110店)
株式上場:東証一部 (株)紀陽銀行

※出典:同行採用サイト

紀陽銀行の【特色】

さらなるシェア拡大へ!

紀陽銀行の強みである営業店と本部コンサルティング・セクションの連携による高度なリレーションシップバンキングを活かし、『攻めの経営』を展開しています。平成27年12月には江坂支店(吹田市)、平成28年5月には守口支店(守口市)、泉ヶ丘駅前支店(堺市)が新たにオープンし、大阪エリアへの進出をさらに加速させています。紀陽銀行のブランドスローガンである「銀行をこえる銀行へ」を目指し、ますます強力な営業展開を進めてまいります!

※出典:リクナビ2018

紀陽銀行の【企業紹介】

陽銀行は、1895年の設立以来、コンサルティングで付加価値をつける営業を展開してきました。和歌山県唯一の地方銀行として、預金、貸出ともにトップシェアを誇り、和歌山での地方創生や地域活性化に貢献しています。また、大阪府内での事業展開をさらに加速させ、10年後には和歌山県内と同程度の店舗数を大阪府下で展開することを目指しています。

2015年に創立120周年を迎え、新しいブランドスローガン「銀行をこえる銀行へ」を掲げ、お客さまの期待や地域の壁をこえ、銀行という枠をこえることを目指しています。また、今後10年を見据えた「第4次中期経営計画」をスタートさせ、和歌山・大阪の特性に応じ、明確な地域別戦略のもとで成長速度を速めていきます。

「第4次中期経営計画」では次の4つの戦略を柱にしています。

1.永続的に地域を支えるための経営効率向上
2.規模を利益につなげる営業推進強化
3.市場における企業評価・ブランド力の向上
4.経営管理体制のさらなる強化

※出典:マイナビ2018

紀陽銀行の【経営理念】

【経営理念】

地域社会の繁栄に貢献し、地域とともに歩む
堅実経営に徹し、たくましく着実な発展をめざす

【目指す銀行像】

「銀行をこえる銀行へ」
~お客さまの期待や地域の壁をこえ、銀行という枠をこえることを目指します。

【経営の基本姿勢】

多様かつ高度な総合金融サービスのご提供
経営基盤の強化
地域活性化への貢献

【行動指針】

「お客さまの期待をこえる」
「銀行という枠をこえる」
「地域の壁をこえる」

※出典:同行コーポレートサイト

紀陽銀行の【事業内容】

1895年の設立以来、コンサルティング力で付加価値をつける営業スタイルを展開してきました。このコンサルティング力を活かし、和歌山だけでなく、大阪エリアにおいても着実にシェアを拡大しています!「銀行をこえる銀行へ」をブランドスローガンに和歌山エリアでの地方創生や地域活性化の取組みに加え、大阪エリアでの成長スピードをさらに速めてまいります!

※出典:リクナビ2018

紀陽銀行の【仕事内容】

■総合職フリーコース
主として法人部門(営業・融資)、本部企画スタッフ
※転居を伴う転勤があります

■総合職エリアコース
主としてリテール担当、マネーアドバイザー、本部企画スタッフ
※本人の同意を得ない転居を伴う転勤はありません

■CA職コース
主として預金業務(窓口・後方事務)、預かり資産業務、本部事務スタッフ
※本人の同意を得ない転居を伴う転勤はありません

※出典:リクナビ2018

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

法人・個人を問わずコンサルティングを重視した営業スタイルをとっています。
営業店と本部コンサルティングセクションとの連携による高度なリレーションシップバンキングが紀陽銀行の強みです。

※出典:リクナビ2018

紀陽銀行の【トップメッセージ】

皆さまには平素より紀陽銀行をはじめ紀陽フィナンシャルグループをお引き立ていただきまして、誠にありがとうございます。

さて、昨今の国内経済につきましては、世界景気の回復を背景に企業収益が改善し、設備投資に持ち直しの動きがみられる中、個人消費においても、雇用・所得環境が堅調に推移するもとで底堅く推移し、緩やかな回復基調となりました。また、先行きについては、アメリカの政権運営や、中国やアジア新興国等の経済の不確実性など、海外の政治・経済動向に一部不透明感は残るものの、国内の企業収益や設備投資の底堅さを背景に、引き続き雇用・所得環境の改善傾向が続くもとで、緩やかながらも回復基調が持続することが期待されております。

一方、地方経済は少子高齢化の進展や人口の減少などによる社会的構造変化が進む中、地域金融機関におきましては、金融仲介機能の発揮はもとより、積極的な地方創生への取り組みを通じ、地域とともに成長する持続可能なビジネスモデルの実現が求められております。

このような中、当行グループは目指す銀行像「銀行をこえる銀行へ(お客さまの期待や地域の壁をこえ、銀行という枠をこえることを目指す)」の基本方針のもと、地域の皆さまに対するより一層の金融仲介機能の発揮や本業支援の強化を通じて、皆さまの発展および地域経済の活性化に貢献できるよう努めるとともに、地元地域における当行の存在感の向上を目指し、全役職員が一丸となって積極的に取り組んでまいります。

今後とも変わらぬご支援、ご愛顧を賜りますよう心よりお願い申し上げます。

平成29年6月
紀陽銀行取締役頭取
松岡 靖之

※出典:同行コーポレートサイト

紀陽銀行の【先輩行員の声】

お客さまにかけていただいた言葉がキャリアのターニングポイントになりました

マネーアドバイザーとして、主にご来店いただいたお客さまに対して、資産運用などの相談業務を行っています。
私にとって、退職金の運用相談で来店されたお客さまからいただいた言葉が、キャリアのターニングポイントになりました。お話をする中でお客さまと一緒にセカンドライフについて考え、今後のライフプランに合わせた資産運用をご提案したところ、「今までお金に関することはなかなか他人に相談できなかったけれど、久保さんなら安心!これからも相談に乗ってね」と、満面の笑顔で言ってくださりました。とてもうれしく感じるとともにマネーアドバイザーとしてのやりがいを感じた瞬間でした。この経験によって、自分の仕事がお客さまの人生設計を任せていただく責任があると改めて感じ、さらなるスキルアップを目指したいと思いました。

マネーアドバイザーとして大切なことは、お客さまに信頼される存在であることだと思います。そのために、毎朝必ず新聞や相場のニュースをチェックし情報収集しています。また、応対するお客さま一人ひとりが何を求めておられるのかを常に考え、真の顧客満足につながるよう努めています。

お客さまと深く関わることのできるマネーアドバイザーを目指し、総合職エリアコースにコース転換

私は当初CA職コースで入行しました。窓口担当者として銀行業務を学ぶ中で、お客さまとより深く関わることのできる業務に携わりたいと思い、総合職エリアコースへのコース転換を決意し、マネーアドバイザーになりました。お客さま一人ひとりによりよい提案ができるように、ファイナンシャルプランナーなどの資格取得にも力を入れて取り組みました。

お振込みなどで来店されたお客さまへのお声かけから、成約につながることも多いので、窓口担当者との連携はとても大切です。スムーズな連携ができるよう定期的にミーティングや勉強会を開催し、後輩の指導にも積極的に取り組んでいます。ニーズのありそうなお客さまの情報を窓口でキャッチし、お話をお伺いすることで、ニーズに合った商品を提案し成約できた時はとてもうれしいです。私たちは個人で仕事をしているのではなく、支店全員で力を合わせて取り組んでおり、チームワークがとても大切だと日々実感しています。これからも多くのお客さまのお役に立てるよう日々全力で仕事に取り組んでいきます。

東和歌山支店 営業課
(マネーアドバイザー)
久保 里衣 2013年入行

※出典:同行採用サイト

紀陽銀行の【求める人物像】

<求める人物像>
自身の魅力や強みを活かして業務を推進できる方、優れたコミュニケーション力で柔軟な対応ができる方、創造性豊かな発想ができる方、など。

銀行員としての高い専門性やスキルに、その方の個性と魅力が加わり、他行とは一線を画す人材を求めています。面接(コミュニケーション)を通じて“人”を重視した選考を行います。

※出典:リクナビ2018

紀陽銀行の【採用情報】

【参考】株式会社紀陽銀行 採用ホームページ
http://www.kiyobank-recruit.jp/

【参考】リクナビ2018(株式会社紀陽銀行 採用情報)
https://job.rikunabi.com/2018/company/r753300030/
 

※上記は2017年11月現在の企業情報に基づいて整理されています。掲載以降の情報変化に対応できない可能性があることをご留意ください。

image byFreepikによるデザイン