元金融マンが千葉銀行の求める人物像を考えてみた


その名の通り千葉県に基盤を置き、個人法人の両お客様方から信頼を得ている千葉銀行。2016年現在では県内に160店舗を展開し、文字通り地域に密着したサービスを展開しています。採用サイトを見ると、他の地方銀行とは比べものにならないほどに充実したコンテンツ量となっており、選考会本番に向けた企業研究の重要性が伝わってきます。既に採用サイトを見ている方も少なくないはず。ただ、細かい情報の中でどのデータを重点的に見れば良いかがやや難しい課題であるはず。この記事では同行の選考会までに押さえておくべき企業研究のポイントを、公式採用HPの情報を基に考察していきます。

千葉銀行採用サイト内のスペシャルコンテンツより

“リンク先参照
(以下略)”
引用:千葉銀行採用サイトスペシャルコンテンツより

WEB上で支店訪問をすることができるサービスです。この他、業務の一連の流れを知るためにバーチャルちばぎんというフラッシュサイトも用意しています。さて、ここまで丁寧に支店の様子を採用ページにアップしてくれている銀行は他にはないといっても過言ではありません。ここで意識をして欲しいことは、必ずリアルの支店訪問やOBOG訪問をするということ。WEB支店訪問はあくまでも情報の整理、実際の支店の雰囲気や先輩行員の仕事に対する思い等は、実際に足を運んだ人にしかわかりません。採用Q&Aにも記載があるように、採用担当者は皆さんのOBOG訪問には積極的な姿勢で対応してくれます。少し勇気は要りますが、採用担当者へ連絡してみることでアピールの機会を増やしていきましょう。

この続きを読むためには【無料会員登録】が必要になります。
会員登録後は野村證券や三菱東京UFJ銀行など、人気企業の就活に役立つES回答例や企業研究コンテンツがあわせて閲覧可能です。 無料会員登録はこちら