元金融マンが肥後銀行の求める人物像を考えてみた


熊本県民にとってのメインバンク的な存在である肥後銀行。2015年10月には鹿児島銀行との経営統合により九州フィナンシャルグループとして、九州全土に本支店を置く規模感の組織になりました。「地図より大きな銀行をつくろう」という採用HPのサブタイトルが表すように、成長意欲の高い人財が集まる環境を形成しています。他行採用HPと比べても採用側の直接的なメッセージが多く含まれているため、就活生の皆さんにとっては企業研究がしやすい会社ともいえますね。そんな採用サイトを基に、細かい情報を漏らすことなく押さえられるよう、情報をまとめてみました。実際の選考会が始まるまでに一読し、参考としてください。

肥後銀行採用サイト内のメッセージより

“肥後銀行は、グローバルな視点を持ち、常に新しいものを見出し、
より高いレベルでチャレンジする人財を求めています。
「九州・熊本のために貢献したい」「九州・熊本を起点に、日本、世界に羽ばたきたい」
というあなたに幅広い活躍のフィールドを用意しています。
ぜひ、当行の門をたたいてほしいとおもいます。
高い志を持った皆さんと共に、
肥後銀行の可能性を追求し新しい歴史を創る日を楽しみにしています。”
引用:肥後銀行採用サイト内のメッセージより

肥後銀行頭取による就活生の皆さんに向けたメッセージです。肥後銀行を含む九州フィナンシャルグループでは、海外の拠点は上海の2店のみです。現状では他行と比べても決して多くない海外拠点ですが、頭取のこの力強いメッセージから考えられるのは、今後何らかの形で海外と関わる機会が増えるということ。新規出店や業務提携、経営統合等様々なケースが考えられますが、就活生の皆さんとしては海外を視野に入れたキャリアビジョンの形成を考えておくと良いでしょう。

この続きを読むためには【無料会員登録】が必要になります。
会員登録後は野村證券や三菱東京UFJ銀行など、人気企業の就活に役立つES回答例や企業研究コンテンツがあわせて閲覧可能です。 無料会員登録はこちら