銀行の三大業務を解説|預金業務について


銀行には、預金・貸出・為替の三大業務があります。今回はその中でも「預金業務」について、詳しく説明していきます。

預金業務とは何か

預金業務とは、銀行が個人・法人などから預金としてお金を預かる業務です。お金は使う時までは自分で保管する必要がありますが、その間はなんの収益も生みませんし、安全に保管するためには、それぞれが注意していく必要があります。しかし銀行に預けることで、安全に保管しつつ決まった条件のもとにお金が自由に引き出せ、かつ利子を受け取ることで、使わないお金から収益を受け取ることができます。後で説明する通り、様々な種類の預金商品があり、利用者は、その中から、自分のニーズにあった預金を選択して預け入れします。

この続きを読むためには【無料会員登録】が必要になります。
会員登録後は野村證券や三菱東京UFJ銀行など、人気企業の就活に役立つES回答例や企業研究コンテンツがあわせて閲覧可能です。 無料会員登録はこちら