【銀行業界研究】銀行の午後3時以降の業務内容は?


皆さんの知っている銀行はどんなイメージでしょうか。平日にしか空いておらず、午後3時にはシャッターが閉まるというイメージを持っている方もいらっしゃるでしょう。決して間違いではありませんが、銀行の業務は午後3時以降ももちろん続きます。この記事では、普段中々知る機会の少ないシャッターが閉まった後の銀行業務について紹介をします。業界・企業研究に役立ててくださいね。

▼ 関連記事



支店内では午後3時までに受け付けた事務書類の処理をする

銀行を締めた後の主な業務とは

支店が開いてから閉まるまでの間、数多くのお客様が支店を訪れます。お客様が銀行に訪れる用事といえば、「口座開設」「資産運用」「入出金」「送金」「両替」など、大別するとこれらがメインとなります。これらを窓口で受け付け、必要事項を記入した書類の処理をシャッターが閉まった後から行っているのです。それぞれの処理に用紙とオペレーションが決まっているので、マニュアルに沿って迅速に対応をしていきます。具体的な処理については、入行してからじっくり教えて貰ってくださいね。

3時までに受け付けたものは当日反映、それ以降は翌日に反映するのが基本

午後3時というのは、日本の金融機関が送金等の処理を当日に行うか、翌日に行うかの境目の時間です。お客様から承った要望を翌日には確実に反映できるよう、午後3時以降は接客をストップして事務作業に徹するという訳ですね。

▼ 関連記事

営業担当者は外回り、システムがシャットダウンするまでに事務処理

お客様の元を訪問している営業担当者は午後3時も関係なく、引き続き営業を続けます。その日のアポイントが全て終わり次第支店に戻り、お客様から頂いた書類の処理を行うという流れです。銀行のシステム自体が午後8時には全てシャットダウンする仕組みとなっているので、それまでの時間にいかに効率良く処理を進めるかがキーになります。このシステムがある以上、過度な残業を行うことはできません。業務の終了目安がある分、就活生の皆さんとしても安心ですね。

午後3時に閉めるのはサービスを確実に提供するため

上記の通り、午後3時にはシャッターは閉まるものの、それぞれの担当に応じて業務を進めていくことになります。支店での業務の場合は、膨大な書類の山をゆとりを持って処理するために3時に閉めるということですね。ちなみに銀行にも繁忙期というものがあります。多くの企業が決算としている年末や年度末を指し、その間は書類を処理する量が格段に上がります。

▼ 関連記事

まとめ

銀行にも寄りますが、行員が退社する時間は繁忙期を除くとほぼ一定です。事務作業を担当する一般職員は18時前後、営業担当は20時前後に業務を終えるという感覚です。また、「早帰り日」を設けている銀行は、営業や事務に関わらず、定時を目安に退社するという政策を取っています。過度な残業が強いられる文化は現在の銀行にはありませんので、プライベートとの両立も可能だといえます。

image byFreepikによるデザイン